最近の歯医者さん

梅雨入りしましたので、
期間限定で壁紙を変えてみました。(^-^)/

つい最近、
ご飯を食べていると左上奥の歯に違和感が。
指で触ってみたら「ポロッ」と詰めていた金属が
外れてしまいました。(泣)
何処の歯医者でかはもう忘れましたが、
十年以上も前に治療し詰めてもらった物。

そんなわけで早速近所の歯医者へ。
外れた金属を持っていったところ、歯医者さんに
これ詰めたのって、十年以上前じゃないですか?
 材質が本当に古いですね

って言われてしまいました。<(-,-;

どうも詰めていた金属の周囲に小さな虫歯が出来てた様で、
そのせいで緩んでしまったようです。

治療の為にまずはレントゲン撮影。

ここまではなんのこともなく
いたって普通ですが
(何が普通か知りませんが。)(笑)
もう一度診察台に戻ると「超びっくり!!
先生が使う台の上にはPCのモニターがあり、
そこには撮ったばかりのレントゲン写真が
もう写ってるではないですか!
さらにはレントゲン写真だけでなく、
治療する歯をアップで撮影した
普通の写真までも!

(あまり見たくはないものですが・・・。)
そういえば、レントゲン写真の撮影の際、
ちょっと硬めの物を口に入れられ
「これを軽く噛んでください。」って言われたっけ。
そっか!あれがデジカメだったんだ、
しかも「超マクロ!」d(^^

若い先生でしたが、タッチペンを使って
巧みに画像の移動、拡大/縮小してるし・・・。

でもまぁ、驚くことではないですよね。
今は様々な画像がデジタル化してるわけですし、
携帯電話についてるような小さなカメラを使えば、
容易な事だよなぁ。(納得。)

蛍光灯を使ったレントゲン写真を見る為の設備
(正式名称あるのでしょうか?)もいらないし、
ゴミ(と言ったら怒られるな。)にもならないし、
いいことかも。(^-^)v

前回歯医者に行ったのは十年以上前ですが、
診察台の周りもずいずんスッキリしてた様な。
でも、あの削る時の「キュゥィ~~~~~ン
は相変わらずあるのですね。(泣)

虫歯は極軽微なものだったので、
軽く削って、新しい金属を詰めてもらって、
すぐに終わりました。
痛い」「怖い」「辛い」の
歯医者のイメージも変わったなぁ。

思い返してみると、
あんな風に歯の状態を生で見たことって無いですね。
ただ、あの虫歯に冒された歯のド・アップを見せられたら、
せんせ~ぇ。お願いだから早く直してくで~ぇ。
って絶対弱気になっちゃいますね。(爆)
効果絶大かも。(笑)

治療後に歯ブラシをもらいました。
歯ブラシの入っていた袋の一部。
Haburasi
もらったのはごく普通の「ソフト」でしたが、
エクストラスーパーソフト」と
ミディアムハード」な歯ブラシって
どんなんだろぉ・・・・。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)